人感センサー付き照明が感動的に便利!

新しい古い(笑)集合住宅に引っ越してきて、不便だな、と感じていたのが玄関照明。

下の間取り図のように、玄関灯と、トイレ・洗面所へ行き来する廊下の照明が一緒になっているのですが、スイッチが遠い!!

センサー付き照明をつけた玄関

ただいまー。

って玄関から入ってきたときは良いけど、リビングからトイレ、洗面所を行き来するとき、暗い。

といって、照明をつけるためには暗い廊下を通って玄関まで手を伸ばす必要がある。


こりは問題ありますな、集合住宅なので仕方ないけど。。。

そこでセンサー付き照明の出番である。

この位置につけたのは、オーム電器(OHMって書いてある)の人感センサー付きライト。

これはセード付き照明にセンサーをクリップで留めるタイプなのですが、ウチの場合は、天井にそのまま止めました。


天井は石膏ボードなので、石膏ボード用のフック&釘(右図)

で、フック部分をペンチで少し折り曲げ、ハーネスを引っ掛けてグイっと天井にじか留め。

センサーが下を向いていたほうが、玄関からもリビングからも洗面所からもトイレからも人感センサーが鋭く反応するので、お勧めです。

設定どおりセードに引っ掛けると、センサーが横を向くため、反対方向への感度が悪くなります。


うちの場合、リビングのドアを開けた瞬間、パッと付きます。
玄関を開けてもパッと点灯。
トイレから出た瞬間もパッと点灯。

感度サイコー、まじ気持ちいい!!!

本当に便利です。

点灯時間は10秒~330秒まで3段階調整できますが、10秒で充分です!


例えば、お客さんが来て、玄関で話し込んだりすると、1分くらい経ってしまいますけど、そこに人間がいる限り、点灯しています。

ただ洗面所に入って(洗面所の電器を点けずに)顔を洗ったり、じっとしていると消えてしまうことがありますが、ちょっと体を動かせばまた点灯しますので問題ありません。

というか、その場合は本来は洗面所の電気を点ければいいだけの話なのですが、便利なのでつい ^^;

で、あまりに便利なので、リビングにももう一つ導入しました。

リビングの奥に寝室があるため、やはりリビングルームも通過するだけの場合が多いので。

居間には2つのシーリングソケットがあり、ひとつは大きめのシーリングライトを点けています。

明るさは充分なので、もう一つは付けていませんでした。

で、今回、通過用に一つ取り付けたのです。

しかも今度は、明暗センサー付きの ELPA SA-H26AJBを選びました。これ。

玄関は昼間でも割と暗いので、"いつでも"人が通ったら点灯してほしい。

でも、リビングルームは、

夜、暗いときだけ
さらに
人が通るときだけ

点灯して欲しいわけです。 つまり、夜でもすぐ隣にあるシーリングライトが点灯中は点灯しなくていいわけです。

夜中に目覚めたりして、リビングの電気を点けるのにも足元が暗かったりして、あぶないなー。自動で付いたらいいなぁ。

あ、でもリビングの明かりが点いているときに、隣で点いたり消えたりしている照明はウザイなぁ。

というわけ。


ところがこの商品、ウチの場合だけかもしれないけれど・・・・


明暗センサーが効かない!

のです。


隣の照明が点灯中でも、人が近づけば点灯するし、通り過ぎれば消える。しかも3分後。遅い。。。。

しかも近づいたときの感度が悪く、反応も遅い。。。。


まぁ、明暗センサーとの両立のため、構造上仕方がないかもしれませんが、こっちは60点といったところです。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する