ノンシリコンシャンプーの嘘!?

シリコン入りシャンプー = 毛穴に詰まる = 体に悪い
ノンシリコンシャンプー = 頭皮にやさしい = 体に良い

そう思っていませんか?

・・・どうやら、そう簡単な話ではないそうです(^^;

私の友人がウェブマガジンの記者をやっておりまして、彼女に聞いたシャンプーメーカーの専門家に取材してわかった意外な事実をシェアしますね。

そもそもシャンプーにおけるシリコンって何でしょうか?

シリコンて言えば、私なんかは半導体を想像してしまいますが(^^; 
一般的にはシリコンをうたった商品、例えばシリコン製スチーム鍋だとか、お菓子の型だとか、豊胸用素材だとか・・・(笑)

そんな柔らかいものをイメージされるのではないでしょうか。


シャンプーに使われるシリコンは、一般的に化粧品として使われるものと同じで、コーティング材の一種とのこと。
つまり指通りをよくするためのものです。

安価なシャンプーなんかは、洗っているうちにギシギシと髪が絡みますよね?

あれは洗浄力の強いラウレス硫酸ナトリウムによるもので、使用感がよくないので、コーティングのためにシリコンを入れるそうです。

具体的には、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンといった成分が入っていれば、シリコンシャンプーと認定されます。 ^^


では、シリコンシャンプーは頭皮に詰まって良くないのか?

という説については、意外にも否定されておりました
それは、シリコンの安全性が高いことと、洗い流したり、新陳代謝によって剥がれ落ちるため。


ということは、ノンシリコンにこだわる必要はないということでしょうか?


答えは、Yes。私はそのように理解しました。


ただし、シャンプー、コンディショナー(トリートメント)のシリコンの有無については、髪質、特にボリュームから選ぶ必要がありそうです。

というのは、シリコンはコーティング剤ですから、指通りを滑らかにするのと同時に、ボリュームを抑えます。

ですから、髪が細いとか、少なめの人など、髪にボリュームを持たせたい方にはノンシリコンタイプがオススメです。

逆に髪が太く、ボリュームを抑えたい方は、無理にノンシリコンを選ぶ必要はない、ということですね。


ノンシリコン商品の落とし穴に注意

ただ気をつける必要があるのは、コンディショナーです。
市販の「ノンシリコン」商品は、シャンプーはノンシリコンだけれど、コンディショナーはシリコン使用、というセットが多いのだとか。

私も調べてみましたが、確かにその通り!

コンディショナーの方はノンシリコンタイプを見つけるのにちょっと苦労しました。
店頭で「ノンシリコン」と書かれていても、成分の確認は必須と言うことですね。

成分表を見ればわかるのですが、シクロメチコン、ジメチコンだなんて覚えてられないですよね(^^;;


そこで私からの提案。
髪にボリュームを持たせたい人は・・・

  1. シャンプーはもちろん、シリコン不使用のコンディショナーを選ぶ
  2. コンディショナーは使わない



2番目のコンディショナーを使わないというのは、アリだと思います。
例えば、美容室で使っているノンシリコンシャンプーに、コンディショナー不要のスグレモノがあります。

シャンプーは髪質と使用感で合性がありますので、500円からお試しセットが使えるのもGood!ですね。
1000円のお試しセットも。もちろん通常サイズもあります。

美容室専売商品。サロン、美容院、美容室でしか買えないノンシリコンシャンプーです。と言いながら通販で買えるんですね(笑)


さて、気に入っているシャンプーがあるから、コンディショナーは必要!という人のために。

ノンシリコンコンディショナーも見つけました。

コンディショナーってそもそも指通りを滑らかにするものなので、シリコンを全く使っていない商品は少ないですね。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する